30.アンサンブルの会(発表会)

6月27日、生徒の発表会を行います。今ま での発表会はほとんどがソロでしたが、趣向を変えたいと思い、今回は生徒が通奏低音、またはオブリガートを弾きます。

 

通奏低音は昨年から勉強を始め(経験者もいらっしゃいますが)、数字の読み方、意味等を学び、実際にプロ奏者との合わせも行いました。 一番難しいのは、左手が重要であるのに、左手がなかなか聞こえないことです。特にピアノを長年勉強してきた方は「左手は伴奏だから控えめに」と教わってき ているので、なかなか出せないようです。また、アルペッジョを入れようとすると、拍の前に出てしまう癖も直すのが大変です。

 

通奏低音は右手を書かないで弾くことが目的ではないので、私が右手を作った人、生徒が作って私が手を入れた人、また、書かないで弾く人 と様々です。

 

ソロ楽器を担当してくださるのは私の古くからの仲間、そしてヴァイオリンは新進気鋭の迫間さんです。リハーサルは2回だけで1回目は全 員終わりましたが、入念に準備をしてきたのでうまく行き、ホッとしています。

 

あと3週間、もう少し練り上げて、アンサンブルとして「音楽をする」ことが出来たらいいなと思っています。

 

                                                               2010.6.4