69.発表会まであと半月

6月12日、近江楽堂で門下生の発表会を行います。

今回はイタリアンとフレンチの2台を使用し、カベソンからデュフリまで、多彩なプログラムになりました。3部に分けて、第2部はイタリアンを使用します。

 

発表会の曲への取り組み方は様々ですが、転勤で地方にお住まいで、月に1度しかレッスンに来られない生徒さんは、1年間かけてこの日のための曲を練習してきました。ひとつの曲を時間をかけてじっくりやりたい方、一つの曲をやっていると飽きてしまうので、色々とやりながら発表会の曲を仕上げる方と人それぞれなので、それに合わせてレッスンをしています。

 

恒例の曲目解説は、自分の弾く曲を掘り下げて調べる方が多くなりました。また、演奏活動をしている方も何人かいるので、今回はかなりきちんと添削をしました。今はインターネットで情報を得られるし、ニューグローヴ辞典も図書館で閲覧できるそうなので、資料は色々とそろっています。ただ、研究が進んでいる分野もあるので、どれが最新の情報なのかを選択するのは難しい問題です。

 

あと半月と少しになりましたが、皆さんいい状態に仕上がってきています。本番が楽しみです。

 

                                 2016.5.23